CONTRAST SECURITYの役割

アプリケーション保護によりお客様を保護

Contrast Securityによるお客様保護

企業の多くはソフトウェアアプリケーションを構築または購入して事業を営んでいます。 しかし、残念ながらアプリケーションのコードは重大な脆弱性が多く存在しています。

ContrastSecurityでは、この複雑な問題の解決策として、ソフトウェアを自己防護可能にし、アプリケーションセキュリティを変革する新たなセキュアテクノロジー・プラットフォームを提供しています。 ContrastSecurityのインテリジェントエージェントによりアプリケーションに何千ものスマートセンサーを組み込むことにより、本番開始前に脆弱性を検出して修正するのに加え、本番稼働中のソフトウェア・アプリケーションも保護することが出来ます。従来のセキュリティツールでは全てのアプリケーションを保護することは出来ません。しかしContrastSecurityの強靭なインテリジェントセンサーであれば可能です。

ContrastSecurityのプラットフォームは企業を脅威から保護する抜本的な新手法で、お客様に予知能力に近い可視性と精度を備えています。

ContrastSecurityの技術はアジャイルおよびDevOpsと緊密に連携して機能するため、企業のポートフォリオ内の全てのソフトウェアアプリケーションの持つ弱点に対する攻撃を撃退します。

ContrastSecurityの技術はビジネススピードで稼働するためソフトウェア開発担当者全員が企業防衛、企業データ保護、個人情報保護に対応出来る様になります。

アプリケーションのセキュリティに集中して取り組むContrastSecurityは、お客様がビジネスに集中する上で不可欠なパートナーとなります。

ガートナー社がConstrastSecurityを
アプリケーション・セキュリティテストのマジッククアドラントで
唯一“先見の明がある(ビジョナリー)” と評価

新たに発行された2018年度のレポートでアプリケーションセキュリティの
ベストプラクティスとトレンドの全体像
さおよびこの領域のベンダの総合評価をご覧ください。
Gartner Report 2020

On The Street: "アプリケーションセキュリティ市場の調査"

Contrast SecurityのCTO ジェフ・ウィリアムスが、General Catalystのジョン・モナグル氏とアプリケーションセキュリティの調査、DevOpsがもたらす市場変革、この変革におけるContrastSecurityの役割について語ります。 (3:15)
bluebox250w.png