Contrast Securityエンドユーザー利用規約

 Contrast Securityエンドユーザー利用規約(以下「本契約」)は、Contrast Security Inc.(以下Contrast)とContrastのサービスおよび/または/製品を購入したお客様との間で、サービスおよび製品の受け入れ日(「発効日」)に締結されます。

1. 注文書; ライセンスの付与/サービスへのアクセス 

Contrastとお客様は、本契約を参照する1通以上の書面による注文書(それぞれを、以下「注文書」といいます。)を相互に作成・署名することができ、相互に作成・署名され次第、各注文書は、本契約に組み込まれ、本契約の一部を構成するものとします。本契約において、「アプリケーション」、「アプリケーションインスタンス」、および「開発者」は、www.contrastsecurity.com/appdefinition.に記載されている内容を有するものとします。

1.1 オンプレミス製品

お客様が本契約の条件(適用される注文書に定める制限および制約を含みます。)を順守することを条件として、Contrastは、お客様に対し、各注文書に記載された本製品を、オブジェクトコード形式のみで、適用される注文書期間(以下で定義します。)中、お客様の社内の事業目的のために、本書で規定されたとおりにのみ、かつ、www.contrastsecurity.com/support に規定されたContrastの公式ユーザーマニュアル文書(以下、「マニュアル」といいます。)のみに従って使用する個人的で、サブライセンス不能の非独占的権利を付与します。お客様は、本製品を使用することにより、適用される注文書に記載された最大総数までのアプリケーション(以下で定義します。)を管理および分析することのみができ、ひとたびお客様が本製品を使用して特定のアプリケーションを管理または分析し次第、当該アプリケーションは、最大許容アプリケーション数に永続的にカウントされ、他のアプリケーションに置き換えることはできません。バックアップのみを目的とするコピー1部を除いて、お客様は、Contrastから明示的に許可された枚数の本製品のコピーしか保持することはできません。 

1.2 Saas サービス

お客様が本契約の条件(適用される注文書に記載された制限および制約を含みます。)を順守することを条件として、Contrastは、お客様に対し、適用される注文書に記載されたサービス(以下、「本サービス」といいます。)にアクセスしこれを使用する権利を付与します。お客様は、本製品を使用することにより、適用される注文書に記載された最大総数までのアプリケーション(以下で定義します。)を管理および分析することのみができ、ひとたびお客様が本サービスを使用して特定のアプリケーションを管理または分析し次第、そのアプリケーションは、最大許容アプリケーション数に永続的にカウントされ、他のアプリケーションに置き換えることはできません。本契約においては、「アプリケーション」は、www.contrastsecurity.com/appdefinitionに定める意味を有するものとします。

1.3 Contrastが、すべての本製品およびその権利の所有権を保持し、お客様は、本製品ならびにあらゆるコピーおよびメディアに表示された著作権表示などの表示を維持します。お客様は、次の各号のいずれの事項も実施しません。(また、第三者にも実施させません)

(i) 本製品のリバースエンジニアリング、または本製品のソースコードもしくは本製品の基礎となるアイデアやアルゴリズムを明らかにする試み(適用法でリバースエンジニアリングの制限が禁止されている場合を除きます。)、(ii) 本製品の提供、リース、貸与、開示、タイムシェアリングもしくはサービスビューロー目的での使用、または第三者の利益のためのその他の使用もしくは他者への使用許可(明示的かつ具体的にContrastから許可されている場合を除きます。)、(iii) 米国商務省、米国財務省の海外資産管理局などの政府機関が所管している輸出管理法令に違反する本製品の保有もしくは使用、または本製品もしくはその一部の移転、伝達、輸出もしくは再輸出の許可、(iv) 本製品に関するベンチマーク調査もしくは比較研究の第三者への開示、(v) 本製品の修正。お客様は、本製品の一部が含まれているメディアまたは装置を処分する前に、それらに含まれる本製品を完全に破壊するものとします。本契約の中の本製品に対する制限および制約は、マニュアルにも適用されます。

2. サポート; サービスレベル 

Contrastは、該当する本サービスおよび/または本製品のサポートおよびアップタイムを、(i) 適用される注文書でお客様が選択されたサポートパッケージ(ある場合)、および (ii) www.contrastsecurity.com/tos に記載されているContrastのその時点で最新の標準的な「サポートおよび可用性に関する方針(Support and Availability Policy)」に従って提供します。

3. サービスのアップデート

その時々でContrastは、該当する本サービスおよび/または本製品のアップグレード、パッチ、機能拡張または修正プログラムを顧客全員に追加料金なしで広く提供することがあり(以下、「アップデート」といいます。)、かかるアップデートは、本サービスまたは本製品の一部となり、本契約が適用されます。前記の規定にかかわらず、Contrastは、本契約またはその他の下で、かかるアップデートを提供する義務を負わないものとします。

4. 所有権; 制限; フィードバック

両当事者間においては、Contrastは、本サービスおよび本製品のすべての権利、権原および利益、ならびにそれらに関する、または本契約の目的のためにContrastによって創作、使用もしくは提供されるすべてのソフトウェア、製品、成果物およびその他の知的財産および著作者人格権(前記のあらゆるコピーおよび二次的著作物を含みます。)を保持します。本契約に基づきお客様に配付またはその他の方法で提供されるソフトウェアは、「本サービス」または「本製品」の一部とみなされるものとします。本契約で明示的にかつ曖昧さを残さず規定されている場合を除き、いかなる権利もライセンスも付与されません。お客様は随時、本サービスまたは本製品に関して提案、意見などのフィードバック(以下、「フィードバック」といいます。)をContrastに提供することができます。フィードバックは、たとえお客様から秘密に指定されていても、他のいずれの規定にもかかわらず、Contrastに守秘義務を課さないものとします。お客様は、フィードバックをあらゆる目的のために使用および活用する非独占的、世界的、永続的、取消不能、移転可能、サブライセンス可能、ロイヤルティフリーの全額払込済みのライセンスをContrastに付与するものとし、ここに付与します。但し、かかるライセンス付与によって、お客様データに関して本契約上Contrastに課される守秘義務が免除されると解釈されないものとします。本契約のいずれの規定も、お客様が開発、生産、マーケティングまたは配付する製品、ソフトウェアもしくは技術と同一もしくは類似する機能を果たす、またはそれらとその他の点で競合する製品、ソフトウェアまたは技術をContrastが開発、取得、ライセンス供与、マーケティング、販売促進または配付する権利を害するものでありません。

5. 料金; 支払い

お客様は、各注文書に記載されたとおり、本サービスまたは本製品の料金(以下、「本件料金」といいます。)をContrastに支払うものとします。注文書に特別の定めがない限り、本件料金はすべて、毎年前払いで請求されるものとし、本契約に基づいて発行されるすべての請求書は、請求書の日付から30日以内に米国ドルで支払われるものとします。支払期日を経過した請求書には、未払残高に対して月利1.5%または法律で認められる最高額のいずれか低い方の利息が課されます。お客様は、Contrastの純利益に基づく税金を除いて、本サービスまたは本製品に関するすべての税金を負担するものとします。支払われたすべての本件料金は、払い戻し不能であり、相殺の対象にはなりません。

6. 制限

本契約に明示的な定めがある場合を除き、お客様は、直接的または間接的に次の各号のいずれも実施しない(かつ、第三者がこれを実施することも認めない)ものとします。

  • 本サービスまたは本製品のソースコード、オブジェクトコードまたは基礎を成す構造、アイデアもしくはアルゴリズムのリバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、またはこれらを発見するためのその他の試み(適用法でかかる制限が明確に禁止されている場合を除きます。)
  • 本サービスもしくは本製品の修正もしくは翻訳または本サービスもしくは本製品に基づく二次的著作物の作成、
  • 本サービスまたは本製品のコピー、賃貸、リース、配付、質入れ、譲渡、その他の移転または質権設定、

(iv) 第三者の利益のための本サービスまたは本製品の使用、本サービスもしくは本製品またはそれらの一部からの所有権表示もしくはラベルの除去またはその他の改ざん、(vi) Contrastの製品または本サービスもしくは本製品と競合するアプリケーションまたは製品を構築するための本サービスまたは本製品の使用。

お客様は、本サービスまたは本製品に関係するContrastの活動(お客様データ(以下で定義します。)の本サービスまたは本製品へのアップロードを含みこれに限定されません。)すべてに対して責任を負います。

お客様は、(i) お客様による本サービスまたは本製品の使用に関連して適用される地方、州および国内外の法律、条約および規制すべて(個人情報保護法、国際通信法、輸出法および技術データまたは個人情報の伝達に関する法律を含みます。)を順守して本サービスまたは本製品を使用するものとし、かつ、(ii) 本サービスまたは本製品を、第三者の知的財産権、契約上の権利またはその他の財産権を侵害する方法で使用しないものとします。

さらに、お客様は、(i) 本サービスもしくは本製品の適切な機能または本サービスもしくは本製品上で実施される活動の妨害または妨害の試み、あるいは、(ii) 本サービスまたは本製品(または本サービスもしくは本製品に接続される他のアカウント、コンピューターシステムもしくはネットワーク)へのアクセスを妨害または制限するためにContrastが使用する対策の回避を行わないものとします。

7. お客様データ

本契約においては、「お客様データ」とは、本サービスまたは本製品を使用する過程でお客様から本サービスまたは本製品に提供、アップロードまたは提出されるデータ、情報または資料を意味するものとします。お客様は、お客様データ(以下で定義します。)に関するすべての権利、権原および利益(そのすべての知的財産権を含みます。)を保持するものとします。すべてのお客様データの正確性、品質、完全性、適法性、信頼性、妥当性および知的財産権または使用権については、Contrastではなくお客様が全責任を負うものとします。Contrastは、本サービスまたは本製品およびお客様データの安全性および完全性を維持するために商業的に合理的な努力を払うものとします。Contrastは、お客様データへの不正アクセスまたは本サービスもしくは本製品の不正使用についてお客様に対して責任を負いません。但し、かかるアクセスが、Contrastの重大な過失または故意の不法行為による場合はその限りではありません。お客様は、お客様が本サービスまたは本製品へのアクセスを許可した人およびお客様データへのアクセスを得た人による本サービスまたは本製品の使用に対して、たとえお客様がかかる使用を許可していなかった場合でも、責任を負います。お客様は、お客様の勘定が90日間以上滞納している場合には、お客様データが削除されて回復不能となる場合があることに同意しこれを認めます。これと異なる規定にもかかわらず、お客様は、Contrastが次の各号の事項すべてを実施できることを認めこれに同意します。

(i) お客様データを、(A) 本サービスまたは本製品をお客様に提供するために、および、(B) 「集計された匿名データ」を作成するために、社内で使用および修正すること(但し、開示はしません)。

(ii) 「集計された匿名データ」をContrastの事業目的のために自由に使用および提供すること。「集計された匿名データ」とは、お客様による本サービスまたは本製品の使用に関連してContrastに提出され、Contrastによって収集され、またはContrastによって作成されたデータではあるものの、いかなる方法でもお客様に具体的に関連付けることができない総計され匿名化された形のみで示されるデータを意味します。お客様は、お客様データのすべての権利、権原および利益を所有し、本書により保持するものとします。

8. データ保護

保護された情報(下記に定義されている)に関連する以下の活動について、Contrastは同意します。:

(i) 該当するすべてのデータ保護法および規制に準拠し、契約期間終了後に保護情報を処理する範囲で、本契約の期間中、保持、存続するものとします。また、お客様は、該当するすべてのデータ保護法および規制に準拠して製品および/またはサービスを使用できるようになります。

(ii) 本契約に基づくその履行により、お客様がデータ保護法および規制に違反することはありません。「データ保護法および規制」とは、本契約に基づく個人データの処理に適用される政府当局または規制当局のすべての法律、規制、および法的拘束力のある要件を意味します。

これには、GDPRを含むがこれに限定されない、米国、EU、欧州経済地域、およびそれらの加盟国、スイス、英国の法律と規制が含まれます。GDPRとは、欧州議会の一般データ保護規則(EU2016/679を意味します。また、2016427日の人々の個人データの処理に関し、そのようなデータの自由な移動について、そして指令95/46 / ECを廃止するという審議を意味します。

「個人データ」とは、識別された、または特定可能な人(データ主体)に関するあらゆる情報を意味します。特定可能なデータ主体とは、特に名前、識別番号、場所データ、オンライン識別子などの識別子、または身体、生理学的、遺伝的、精神的、経済的、文化的または社会的アイデンティティの固有の1つ以上の要素を参照することにより、直接的または間接的に識別、特定できるということです。

「処理」とは、自動化された手段であるかどうかにかかわらず、収集、記録、編成、構造化、保存、適応または変更、検索、協議、使用、伝達による伝達、普及、またはその他の方法で利用可能にすること、整合または組み合わせ、制限、消去、または破壊といった、個人データまたは個人データのセットに対して実行される任意の操作または一連の操作を意味します。

「保護された情報」とは、お客様の従業員および従業員に関する個人データを含む、お客様がContrastに提供する可能性があるすべての個人データを意味します。

お客様は、Contrastwww.contrastsecurity.com/privacy-matters にある最新のプライバシーポリシーの条件に同意し、これに従うことに同意するものとします。

9. お客様が利用者であることを明らかにすること

注文書期間中、お客様は、Contrastに対し、お客様が利用者であることを明らかにするためにのみ、Contrastのウェブサイトおよびマーケティング材料においてお客様の会社名、ロゴおよび商標(以下、「商標類」といいます。)を使用する限定的権利を付与します。Contrastは、商標類を、すべての重要な点において、その時々でお客様からContrastに提供されるお客様の商標使用方針に準拠する方法でのみ使用します。Contrastが本契約履行の過程でいずれかの商標類ののれんまたは名声を得た場合、かかるすべてののれんまたは名声は、当該のれんまたは名声の取得が発生したとき、および継続的に発生している間、ならびに本契約が満了または解除したときに、お客様に自動的に帰属します。

10. 契約の期間; 終了

本契約は、発効日に開始し、本契約に従って中途終了しない限り、適用される注文書に記載された期間の満了時まで続くものとします(以下、「当初期間」といいます。)。当初期間終了後、本契約は、いずれかの当事者が現期間の30日以上前に書面による非更新の通知を相手方当事者に行わない限り、当初期間と同期間自動的に更新されるものとします(それぞれを「更新期間」といい、当初期間と併せて「注文書期間」といいます。)。いずれかの当事者が本契約の重大な違反を犯した場合、非不履行当事者は、不履行当事者に書面で通知することによって本契約を終了することができます。但し、不履行当事者がかかる通知を受領後30日以内に当該不履行を実質的に是正しないことを条件とします。前記の規定を制限することなく、(i) お客様の勘定が60日間を超えて延滞している場合、または、(ii) お客様による本サービスまたは本製品の使用(または合理的にかかる使用の結果と思われるもの)が、他の顧客に本サービスまたは本製品へのアクセスを提供するContrastの能力を阻害する、本サービスもしくは本製品の損害または重大な低下を引き起こした場合には、Contrastは、お客様の本サービスまたは本製品へのアクセスまたは使用を中止または制限することができます。但し、(ii)項の場合、(a) Contrastは、中止または制限の措置を取ることなく問題を解決するために、お客様と協力して損害または低下を解消または緩和するべく合理的で誠実な努力を払うものとし、(b) かかる中止または制限の前に、Contrastは、損害または低下の性質を説明する通知をお客様宛に行うよう商業的に合理的な努力を払うものとし、かつ、(c) Contrastは、お客様がかかる通知を受領後30日以内に問題を是正した場合には、該当する本サービスまたは本製品の使用またはアクセスを回復するものとします。その性質上本契約終了後も存続すべき本契約のすべての規定(未払いの支払い義務、所有権に関する規定、保証の否認、補償、責任の制限を含みこれらに限定されません。)は、終了後も存続するものとします。

11. 補償

各当事者(以下、「補償者」といいます。)は、相手方当事者、その関係会社ならびにそれらの従業員、請負業者、取締役、サプライヤーおよび代表者のそれぞれ(以下、「被補償者」と総称します。)を、(i) (お客様が補償者の場合には、)お客様データもしくはお客様による本サービスもしくは本製品の使用が、または (ii) (Contrastが補償者の場合には、)本サービスもしくは本製品が、第三者の知的財産もしくは財産権を侵害、違反または悪用しているという主張に起因または関連して生じる、無関係の第三者に支払われたまたは支払うべきすべての債務、請求および費用(合理的な弁護士報酬を含みます。)(以下、「本件損失」といいます。)から防御し、補償し、無害に保つものとします。

本契約に基づく各補償者の補償義務は、被補償者が補償者に対し、(i) 請求についての書面による速やかな通知(但し、かかる通知の不履行によって、補償者の補償義務が免除されるのは、当該不履行によって補償者が重大な損害を受けた場合のみとします。)、(ii) 請求の弁護および和解の独占的支配権を掌握するという選択権(但し、被補償者は、自己の費用負担でかかる弁護および和解に参加することができます。)、ならびに (iii) かかる弁護および和解に関して(補償者の費用負担による)合理的な情報および支援を提供することを条件とします。

上記のContrastの義務は、次の各号のいずれかに該当する場合には、本サービスもしくは本製品または情報、技術、材料もしくはデータ(または前記の一部もしくは構成要素)に関して適用されません。(i) Contrastによって作成または提供されていない場合、(ii) 全部または一部がお客様の仕様書に従って作成された場合、(iii) Contrastから納品された後に修正された場合、(iv) Contrastから提供されたものではない他の製品、手順もしくは材料と組み合わされた場合(申し立てられた本件損失が、かかる組み合わせに起因または関係している場合)、(v) 申し立てられた侵害行為について通知された後、もしくは申し立てられた侵害を回避したであろう修正方法が通知された後に、申し立てられた侵害行為をお客様が続けた場合、または、(vi) お客様による本サービスまたは本製品の利用が本契約を厳格に順守していない場合。

12. 秘密保持

12.1 「秘密情報」とは、両当事者間で交換される非公開情報を意味します。但し、当該情報が、(a) 開示の時点で、開示当事者(以下、「開示者」といいます。)から秘密であると明示されるか、(b) 情報を受け取った当事者(以下、「受領者」といいます。)によって秘密に取り扱われるべきであることが、通常人であれば理解されるであろう状況下で開示されることを条件とします。受領者は、相手方当事者から受け取った秘密情報を、本契約で意図された活動の実施のためにのみ使用することができます。秘密情報の開示日に該当する日から5年間、受領者は、秘密情報を第三者に漏洩しないものとします。受領者は、秘密情報を、同様の性質を有する自身の秘密情報を保護するために用いているのと同等の注意を払って(但し、合理的な注意水準を下回らないものとします。)、不正な使用、伝播または公開を防ぐものとします。受領者は、本契約の目的を達成するために知る必要がある自身の関係会社、代理人および独立請負業者であって、本契約と同等以上に開示者の権利を保護する秘密保持契約に署名した人に秘密情報を開示することができます。

12.2 本条項は、次の各号のいずれかに該当する秘密情報について、受領者に義務を課すものではありません。(a) 公知の秘密情報または受領者の責によらず公知となった秘密情報、(b) 開示者から受領する前に受領者が所持していた秘密情報であって、守秘義務が課されていなかったもの、(c) 受領者が守秘義務を課されることなく正当に受領した秘密情報、(d) 開示者から第三者に守秘義務を課すことなく第三者に広く開示された秘密情報、(e) 受領者が秘密情報を使用することなく独自に開発した秘密情報。受領者は、法律または裁判所命令で要求された開示者の秘密情報を開示することができます。

但し、(i) その開示要求を受領者が書面で開示者に速やかに通知し、かつ、(ii) 要求された秘密情報のみを開示することを条件とします。開示者から要請があり次第、または本契約が終了次第、受領者は、すべての秘密情報およびそのすべてのコピー、メモ、要約または抜粋を返却するか、それらを破棄したことを証明するものとします。 

12.3 各当事者は、自身の秘密情報のすべての権利、権原および利益を保持します。両当事者は、秘密情報に関する受領者の義務違反が、コモンロー上の救済策では不十分な回復不能の損害を開示者にもたらす可能性があることを認めます。従って、本条の一部もしくは全部の規定の実際の違反またはその恐れが生じた場合、開示者は、コモンロー上取り得る一切の救済策に加えて、すべての法的手続きにおいて差止命令またはその他の衡平法上の救済を求めることができるものとします。

13. 保証; 免責

Contrastは、適用される注文書期間中、本サービスまたは本製品がマニュアルに実質上準拠して機能することを表明し、保証します。前記の文に定める保証の違反についてのお客様の唯一の救済策(かつ、Contrastの唯一の責任)として、Contrastは、該当する不適合を是正するために商業的に合理的な努力を払うものとします。

本契約で明示的に規定されている場合を除き、本サービスまたは本製品は、「現状のまま」かつ「提供されているまま」で提供され、所有権、権利の非侵害、商品性および特定目的適合性を含む(これらに限定されません。)明示または黙示のあらゆる種類の保証、ならびに履行過程、商慣習または取引過程で暗示される保証を行うことなく、これらは明示的に否認されます。

14. 責任の制限

両当事者の補償義務を除いて、いかなる場合も、各当事者、その取締役、従業員、代理人、パートナー、サプライヤーまたはコンテンツ提供業者は、以下の各号のいずれについても、本契約の主題に関して、契約、不法行為、厳格責任、過失またはその他のコモンローもしくは衡平法の理論に基づく責任を負わないものとします。(i) 逸失利益、データ損失、代替の物品、本サービスもしくは本製品の調達費、種類の如何を問わず特別損害、間接的損害、付随的損害、懲罰的損害もしくは結果的損害、代替の物品もしくはサービス(どのようにして発生したかを問いません。)、(ii) バグ、ウイルス、トロイの木馬など(発生源を問いません。)、(iii) 本契約に基づく請求を引き起こした事象の前の12か月間に本契約に基づきお客様からContrastに支払われた(または支払われるべき)料金を(総額で)超える直接的損害。

15. 雑則

本契約は、本契約の主題に関するお客様とContrastとの間の完全なる合意を示すものであり、それに関するお客様とContrastとの間の本契約締結以前のすべての通信および提案(口頭であるか、書面であるか、電子的なものであるかを問いません。)に優先します。本契約は、カリフォルニア州の法律(その抵触法の規則を除きます。)に準拠し、同法に従って解釈されるものとし、両当事者は、カリフォルニア州サンタクララの州裁判所および連邦裁判所の専属的裁判管轄および裁判地に同意します。本契約に基づくすべての通知は、書面で行われるものとし、正式に交付されたとみなされるのは、手渡しされまたは配達証明郵便もしくは配達証明付き書留郵便で送付された場合には、受領されたときとし、ファクシミリもしくは電子メールで送信された場合には、受領が電子的に確認されたときとし、広く認められている宅配便で翌日配送で送付された場合は、送付日の翌日とします。通知は、最新の注文書に記載された各当事者の連絡先宛に送付しなければなりません。各当事者は、本条に従って通知することによって、上記の住所を更新することができます。本契約に別段の定めがある場合を除いて、本契約は、両当事者によって作成・署名された文書によってのみ変更することができます。支払い義務の場合を除いて、いずれの当事者も、自身の合理的な支配を超える事由(自然力、火災、洪水、悪天候、地震、破壊行為、事故、サボタージュ、停電、サービス使用不能攻撃またはこれに類する攻撃、インターネット障害、天災および社会の敵、戦争行為、テロ行為、暴動、内乱、社会動乱、ストライキ、ロックアウト、労使紛争、政府、政府機関または政府当局(民政または軍政を問いません。)の法律、命令、規則、規制、行為または抑制(裁判所の命令および判決を含みます。)を含みこれらに限定されません。)によって生じた本契約上の自身の義務の不履行について、責任を負わないものとします。いずれの当事者も、相手方当事者の同意を得ることなく、本契約に基づく自身の権利または義務を譲渡することはできません。

但し、(i) 各当事者は、本契約に関する自身の事業の実質上すべての売却に関連して、かかる同意を得ることなく、本契約に基づく自身の権利および義務のすべてを権利承継人に譲渡することができ、かつ、(ii) Contrastは、本契約に基づく自身の義務の履行において下請業者を利用することができます。本契約の結果として代理店、パートナーシップ、ジョイントベンチャーまたは雇用関係が構築されることはなく、いずれの当事者も、いかなる点でも相手方を拘束するいかなる種類の権限も有しません。本契約に基づく権利を強制するための訴訟または法的手続きにおいて、勝訴当事者は、費用および弁護士報酬を取り戻す権利を有するものとします。本契約の規定のいずれかが何らかの理由で強制不能と判断された場合、当該規定は、強制可能にするために必要な範囲に限って修正されるものとします。いずれかの当事者が、相手方当事者による本契約の違反に関して行動を起こさなかった場合においても、権利放棄とはならないものとし、当該違反またはその後の違反に関する当該当事者の権利を制限しないものとします。

改定: 0819A