blue-banner

CONTRAST PROTECT

ランタイムアプリケーションの自己防衛 (RASP) ソリューション

RASP製品概要ダウンロード

継続的で精度高く自動化かつ拡張可能な保護

貴社アプリケーションの内部を調査し堅牢に保護

 

比類ない可視性とコンテンツ
protect-icon-1

アプリケーションやユーザ行動の “レントゲン”

アプリケーション内部に介在することにより、ContrastSecurityはかつてない可視性をアプリケーションに提供し、 アプリケーション全体にアクショナブルでタイムリーなアプリケーション層の脅威情報を提供します。

Contrast Security's ContrastSecurityの特許保護された優れた計測機能により、当社のエージェントは他のソリューションにない深いレベルで豊富なインサイトによる攻撃検知と対応を実行できます。 安定性と包括性に優れた7段階のアプローチを取るランタイム環境での脆弱性悪用防止機能を用いて、ContrastSecurityはゼロデイ攻撃のブロックや探索検出の尤度を改善します。

アプリケーションインテリジェンス
protect-icon-2

性能監視のようにセキュリティを監視

Contrast ContrastSecurityは、 脆弱性悪用可能性分析を提供し、どれが効果的な攻撃であったか、影響を及ぼさない単なる探索であったかを判別します。

Contrast Protect に標準装備の攻撃とイベントのログ機能は、アプリケーションポートフォリオ全体にわたり、先例を見ない明晰さでアクショナブルでタイムリーな脅威情報を 提供します。当社のログエンハンサーは、コーディングやアプリの再起動を要さず直接カスタムのロギングを追加することを可能にします。ContrastSecurityは、既存の監視基盤とシームレスに連携します。

スマートな対応と迅速なゼロデイ保護
protect-icon-3

必要な時だけブロックし、ゼロデイには瞬時にパッチを適用

ゼロデイ攻撃が発生すると、Contrast Protectの仮想パッチ機能は影響を受けたアプリケーションすべてに迅速な対応を取れるようにします。  管理者は素早く仮想パッチを構築して数秒で展開できます。ContrastSecurityはゼロデイ攻撃からの防御を1時間未満で平準化できます。

さらに、Contrastラボは、アプリケーションポートフォリオ全体に容易に拡張可能な即時ガイダンスと迅速なプロダクト更新を提供します。

どこでもセキュリティ
protect-icon-5

クラウドでもオンプレでも、拡張可能な保護

Contrast Protectがあれば、アプリケーションはどこに常駐していようと保護されます。

ContrastSecurityは、アプリケーション内部に組み込まれるため、アプリケーションをどこに展開してもセキュリティ施策はアプリケーションに付いて回ります。移動や規模の拡張に追加作業は不要です。また、アプリケーションをクラウドに移行したり、クラウド内で移行するときにも、ネットワーク設定の変更や新たなソリューションは不要です。

rightimg.png
Cover-Contrast-Protect-Data-Sheet.png

CONTRAST PROTECT データシート

このデータシートではContrastSecurityのバイナリ計測、ランタイム環境での脆弱性悪用防止機能および可視性向上、保護が強化されるContrast Protectの主要な機能について詳しく説明しています。
データシートを読む

CONTRAST PROTECTの提供内容

特許取得済みディープセキュリティ計測を活用するContrastSecurityは、精度、迅速性、拡張性において最も優れたセキュリティソリューションです。ContrastProtectはレガシー、コンテナ、クラウドベースのアプリケーションなど全て問題なく機能します。

protect-accuracy

正確性

WAFやIPSのソリューションとは異なり、ネットワーク設定は不要です。Contrast Protect (RASP込み) はアプリケーションについて「学習する」必要がなく、アプリケーションの一部となります。他のランタイム環境のアプリケーション自己防衛ソリューションとは異なり、ContrastSecurityではアプリケーションやランタイム環境への変更が不要です。

protect-operations

適用範囲

アプリケーションへのアクセスがブラウザ、モバイルクライアント、シッククライアント、デスクトップアプリケーション経由のいずれであっても、Contrast Protectは攻撃を検出し、停止し、ログに記録します。ContrastSecurityはwebアプリケーションでも、コンテナ、フレームワーク内でも、クラウドでもウェブサービス、APIでも問題なく機能します。

protect-scalability

拡張性

Contrast Protectはアプリケーションに組み込まれるため、貴社アプリケーションに合わせて拡張します。各アプリケーションは常時自己防衛できるようになるため、レガシーのセキュリティアプライアンスが引き起こしていたボトルネックをなくします。

protect-performance

性能

攻撃負荷が最も高いときでも、Contrast Protectはミリ秒未満の防御を提供します。防御はアプリケーションそのものに直接組み込まれるため、これにスピードで勝るセキュリティポリシー実行はありません。

お客様の声

“絶対に必要不可欠です。(アプリケーションセキュリティは)継続的にしなければ、常に後れを取ることになるからです。"It is absolutely essential. If you don’t do it continuously (application security) you are always running behind." 全文を読む >>
ティム・チェイス
ニールセン、アプリケーションセキュリティ部長

セキュリティは (SDLC) の最初から導入する必要があります。土壇場の品質チェックでセキュリティを導入しても投資の無駄になります。セキュリティは、ボトムアップでなければ。”

全文を読む>>
ジョン・スカボロー
ハーマンインターナショナル社 テスト部長

“AWS上に新規アプリケーションをホストするときに、ContrastSecurityの制御で強化した自動パイプラインを用いてローンチできます。コスト効率の良い攻撃からの防御は、標準装備で提供され、微調整はほぼ不要、管理も最小限で済みます。”

グローバルフォーチュン100社の保険会社
グローバル・アプリケーション・セキュリティ・シニアマネージャー

アプリケーションの自己防衛で貴社を保護

protect-development
開発

開発スピードを上げて、停滞を断つ。

アプリケーションセキュリティは、これまで長い間、テストを非常に重んじる開発と、保護が最優先の運用の間で分断されていました。Contrast Protectは、アプリケーション内部からリアルタイムで監視し保護するため、開発者は攻撃について、アクショナブルなコードレベルの詳細を得られます。

protect-security
セキュリティ

DevOpsのスピードでアプリケーションセキュリティを実現します。

Contrast Protect は、アプリケーション内部で動作し、アプリケーションと共に移動し、拡張し、常にアプリケーションのコンテキストを意識しているため、攻撃を正確に可視化します。また、レガシーのソリューションよりも精度が高いため、正規のビジネスを誤って止めることなく、サイバー攻撃をブロックします。

protect-operations
運用

アプリケーションセキュリティの可視性、保護、自動化。

Contrast Protect は、アプリケーションに欠けていたセキュリティ制御を追加し、本番環境でも継続してアプリケーションを監視し、保護します。ContrastSecurityは、貴社ツールチェーンと連携し、SIEMとの連携や、chatopsその他のチャネルによりセキュリティのインサイトを提供します。

複雑なアプリケーションの評価をCONTRASTSECURITYは簡単に

自己防衛する新時代のソフトウェアがどのようなものか見てみてください。ご連絡いただければライブデモをスケジュールします。

SCHEDULE A DEMO