クラウド・アプリケーションセキュリティ

場所を問わない伸縮自在のアプリケーションセキュリティ

拡張可能な安全性

アプリケーションセキュリティは貴社のクラウドアプリケーションに合わせて拡張し安定性や性能に悪影響を及ぼすことなく、いかなる環境でも動作する必要があります。

クラウド・アプリケーションセキュリティが必要な部署

クラウド・セキュリティ設計者 保護したいクラウドアプリケーションと共に拡張するアプリケーションレイヤのセキュリティを希望
クラウド運用チーム 安定性や性能に悪影響を及ぼさず運用環境で動作するセキュリティ希望
アプリケーション・セキュリティ・チーム オンプレミス、クラウド、ハイブリッドを含むすべてのアプリケーションに単一のアプリケーション・セキュリティ・プラットフォーム希望
CISOとセキュリティ幹部 クラウドイニシアティブのセキュリティ強化に対応しつつクラウド内の資産保護に懸念を抱いている
CTOやトランスフォーメーション担当重役 効果的なリスク管理をしながら全社規模でのクラウド導入推進

 

“自己防衛ソフトウェアはAWS上のソフトウェアの安全性における重大な進化です。

ConstrastSecurityによりAWS顧客はアプリケーションレイヤの攻撃の継続的な可視化を実現する手段と新たな脅威から直ちに防御する能力を持てるようになりました。”

ロヒト・グプタ
グローバル・セグメント・リーダー, セキュリティ
Amazon Web Services, Inc.

logo-AWS.png

accurate-icon-1

信頼性

パフォーマンスへの影響はありません
intelligence-icon

AppSecの拡大

デプロイされる場所を問いません
integrate-icon

ツール対応

ご使用のツールに対応します

クラウドアプリケーション保護問題

 

最近までクラウド上の業務用アプリケーションの保護は以下の課題を持つエッジ機器 (WAF、IPS等) に限定されていました。

  • 高価で拡張が複雑: アプリケーションへの変更やデプロイ、追加、移動、微調整が必要。アプリケーションと共に簡単に移動できない。
  • 脆弱なまたは攻撃下にあるアプリケーションの可視化不可能: 従来のソリューションは境界に展開される 、またはネットワークレイヤ、インフラストラクチャレイヤしか監視できない。
  • 専門知識の不在: クラウドとアプリケーションセキュリティの双方の専門知識を備えた熟練者を見つけるのは困難。
  • 低性能、低信頼性: アプリケーションを鈍化またはクラッシュさせる

CONTRASTSECURITYによるクラウドセキュリティの価値とは

容易なデプロイと拡張: Contrast Protect はアプリケーション内部に計装され、アプリケーションのデプロイ先に一緒に移動し、アプリケーションを保護し、レポートを自動生成し、攻撃をブロックします。

アプリケーションセキュリティの比類ない可視性: Contrast Protectの特許取得済みディープセキュリティ計測は、アプリケーション・スタック内部の詳細な可視化を実現します。これにより、担当チームはどのアプリケーションが攻撃されているか、アプリケーション内部で何が起こっているかをリアルタイムで把握できます。

専門技術を要しない高度なアプリケーションセキュリティ: Contrast Protect はアプリケーションの場所に拘らず貴社のアプリケーション・セキュリティ・ポリシーを管理するシンプルで拡張可能な方法を実現します。

性能への影響なし: Contrast Protect はクラス最高の性能を提供しながら1要求当たり50マイクロ秒しか負荷が掛からないため、通常トラフィックでは負荷を感じられません。